日々の出来事つらつら日記

アクセスカウンタ

zoom RSS <転妻>から考える事

<<   作成日時 : 2017/01/23 17:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

そういえば、今朝のNHKで<転妻>なる言葉が取り上げられていた。
<転勤族の妻>だって(>他に報道する事無いのかねぇ……とも思っ
たが、まぁ、一旦置いておく(苦笑))。

夫の転勤で仕事を辞め、これまで2回の転居を経験した方がインタビ
ューを受けていらした。
「家を持って一所に落ち着いたら解決するかもね。でも、家族は一緒
にいた方が後々良いよ」と、ふと思った。

ウチは夫の転勤と他にも事情があったから、転居と単身赴任を繰り返
して、そろそろ私の年金手帳の住所欄は埋まりそうだし、夫はその倍
は動いているという具合なんだけれども。
まぁ、新天地に馴染めないと悩む時間も無かった、って感じ。
ネットのお陰で転居の先々に知り合いが居るし、楽しいったら♪

結局、倹しくても旦那様の稼ぎでなんとかやっていけるのであればそ
れがなにより。
誕生から独立までひと通り子育てを経験した者として言わせて貰えば
「家族は、一緒にいられる間はいる事が一番の幸せだよ」と。
一方で、そういう考え方が出来る環境に居られる事こそが一番の幸せ
なのかな、とも思ったり。

なかなか難しいけれどだからこそ、外交防衛の次に政府に力を入れて
もらいたいのが景気回復。
人は幾つもの事に力を注ぐなんて、大きな目標や夢でもない限り長期
的にはなかなか難しい。 女性は特に。
将来の国民を産み、育て上げる事だって立派な<仕事>なんですが。
それって、古い考え方なんですかねぇ。

実家の母(子は私含めて3人)が以前「私が子育てしていた時代はま
ず、実家を出た後、夫の稼ぎの中で生活するにはどうするかをまず考
えた。 今は逆。実家に居た時のレベルの生活がまず先にあって、そ
れを維持しようとする。 我々親世代の責任かな」
曾野綾子さんが似たような事を書いていらした気がする。

先輩ママからも言われましたっけ。
「子にとって、実家はなるべく、居心地の善し悪しはギリギリで留め
ておいた方が良いよ。 居心地良くし過ぎると、自立が遠のくから(
笑)」と。
子を独立させてから、なるほどなぁと思い至ったりするのですがw。
育児書や指南書より、先輩の助言の方が役に立ちましたw。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<転妻>から考える事 日々の出来事つらつら日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる