万葉集 巻五 梅花の歌三十二首并せて序

万葉集・全訳注原文付(1~4)/中西進著(講談社文庫)を買いました。

先日は、新元号<令和>の元となった、『梅花の歌三十二首并せて序』の一部分を書きましたが、その続きもまた趣があって大変良いので現代語訳を転記しておきたいと思います。



万葉集 巻五 梅花の歌三十二首并せて序

天平二年正月十三日に、
てんぴょうにねん しょうがつ じゅうさんにちに、

師の老の宅に莱まりて、
そちの おきなの いえに あつまりて、

宴会を申く。 
えんかいを ひらく。 

時に、初春の令月にして、
ときに、しょしゅんの れいげつにして、

気淑く風和らぎ、
き よく かぜ やわらぎ、

梅は鏡前の粉を披き、
うめは きょうぜんの こを ひらき、

蘭は珮後の香を薫らす。
らんは はいごの こうを かおらす。

加之、曙の峯に雲移り、
しかのみにあらず、あけぼのの みねに くもうつり、

松は羅を掛けて蓋を傾け、
まつは うすものを かけて きぬがさを かたむけ、

夕の岫に霧結び、
ゆうの くきに きりむすび、

鳥は◎に封めらえて林に迷う。(◎=穀の禾が系)
とりは うすものに こめらえて はやしに まとう。

庭には新蝶舞い、
にわには しんちょう まい、

空には故雁帰る。
そらには こがん かえる。

ここに天を蓋とし、
ここに てんを きぬがさとし、

地を座とし、
ちを しきいとし、

膝を促け觴を飛ばす。
ひざを ちかづけ さかずきを とばす。

言を一室の裏に忘れ、
ことを いっしつの うちに わすれ、

衿を煙霧の外に開く。
えりを えんかの そとに ひらく。

淡然と自ら放にし、
たんぜんと みずから ほしきままにし、

快然と自ら足る。
かいぜんと みずから たる。

若し翰苑にあらずは、
もし かんえんに あらずは、

何を以ちてか情を◎べん。(◎=手偏に慮)
なにを もちてか こころを のべん。

詩に落梅の篇を紀す。
しに らくばいの へんを しるす。

古と今とそれ何ぞ異ならん。
いにしえと いまと それ なんぞ ことならん。

宜しく園の梅を賦して聊かに短詠を成すべし。
よろしく えんの うめを ふして いささかに たんえいを なすべし。 



天平二年正月十三日に、長官の旅人宅に集まって宴会を開いた。
時あたかも新春の好き月、空気は美しく風はやわらかに、梅は美女の鏡の前に装う白粉のごとく白く咲き、蘭は身を飾った香の如きかおりをただよわせている。
のみならず、あけ方の山頂には雲が動き、松は薄絹のような雲をかずいてきぬがさを傾ける風情を示し、山のくぼみには雲がわだかまって、鳥は薄霧にこめられては林にまよい鳴いている。
庭には新たに蝶の姿を見かけ、空には年をこした雁が飛び去ろうとしている。
ここに天をきぬがさとし地を座として、人々は膝を近づけて酒杯をくみかわしている。
すでに一座はことばをかけあう必要もなく睦(むつ)み、大自然に向かって胸襟を開きあっている。
淡々とそれぞれが心のおもむくままに振舞い、快くおのおのがみち足りている。
この心中を、筆にするのでなければ、どうしていい現わしえよう。
中国でも多く落梅の詩篇がある。
古今異るはずとてなく、よろしく庭の梅をよんで、いささかの歌を作ろうではないか。

※中西進著『万葉集 全訳注原文付(1)』から引用

この記事へのコメント