盆と正月が一気に

ここへ来て、盆と正月が一気に来たような感じであります……。

ベランダの小鉢の梅は、大きな葉をたくさんつけ、
ゼラニウムは赤、ピンク、薄橙の手毬のような花をつけ、
ミニバラはもう<ミニ>ではないくらい成長して、黄色い花をつけました。

原画製作はボチボチ進んでおります。
原画の彩色はあらかた済んで、今はラフファイル用の表紙に取り掛かっています。

色々、頑張ります。

的を射たお話

5月9日放送のネット番組<虎ノ門ニュース>。
https://tora8.tv/archive/20190509
番組中、流れた動画に、ひと時考えさせられました。(1:35:20辺りから)

ロシアに国土の一部を侵略されたウクライナ出身の男性が、憲法関連の催し物の会場にて実に現実的で的を射たお話をされていたので、全文を書き起こします。
お上手な日本語ですが、若干気になる言い回しもなさっていますので、その辺りは勝手ながら修正しつつ、書かせて頂きます。

なお、講演は実際にはもっと長いものです。
夕刊フジが報じています。
記事の中にURLもありますので、ご興味おありでしたら一度ご覧下さい。

「沖縄は第2のクリミア」ウクライナ留学生が“護憲派”を一刀両断! 「抑止力を無くして平和を得た国はない」 「公開憲法フォーラム」講演に注目集まる
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190510/soc1905100003-n1.html



ご紹介に預かりました、ナザレンコ・アンドリーと申します。
私は5年前、ウクライナから参りまして、おそらく、憲法改正の議論が最も活発にされていた時期を日本で過ごしました。

数年前ロシアに侵略され、一部の領土を奪われ、今なお交戦が続いているせいで毎日毎日新しい犠牲者が出ているウクライナの出身者だからこそ、どうしても、その議論に関心が向きます。

それは、<軍隊を無くして隣国にとって脅威にならなければ攻められない>、と。
<どんな争いでも平和を訴え話し合いさえすれば解決出来る>、と。
そして、<集団的自衛権を認めたら他国の争いに巻き込まれるから危険だ>、と。

では、ウクライナが侵略される前までずっと摂ってきた政策と、比較してみましょう。

1991年、ソ連から独立した時に、ウクライナにはたくさんの核兵器と100万人の軍隊がありました。
しかし、維持費が掛かるし、隣国に警戒されてしまうし、危険なので、ウクライナは全ての核兵器を譲りました。

かわりに、ブダペスト協定書という国際条約を結び、自国の防衛を他国に委ねてしまいました。
そして、100万人の軍隊を20万人に、つまり、5分の1まで軍縮しました。
しかも、大国の対立に巻き込まれないように、NATOのような軍事同盟にも一切加盟しませんでした。

日本共産党の考える平和主義は、まさに、これではないでしょうか。
こんな政策を素晴らしいと考えている方を是非、今、ウクライナの前線に連れて行きたいです。(ご本人苦笑/場内拍手)

戦火で燃え尽きた村の廃墟。
ミサイルが落ちている中で、学校の地下に隠れている子供。
二十歳までさえ生きられなかった戦没者のお墓を見せて、聞きたいです。

「あなたが望んでいる日本の未来は、これなのか?」
「戦争が言葉によって止められるものなら、その言葉を教えて下さいよ」
「安全な日本にいる時だけは戦争の事ばかり話しているのに、どうして実際の戦地に一度も平和の精神とやらを伝えに来た事が無いのですか?」
そう、聞きたいです。
(場内拍手)

一方では、憲法が改正されていない状況を、隣国はどう受け止めるのでしょうか。

<日本人て、武力を持って攻撃したら、いつまでも押し付けられたルールに大人しく従うんだ>。
<日本の領土を奪っても、国民を拉致しても、ミサイルを飛ばしても、国際条約を破っても、何度も領海侵犯しても、全く動こうとしないんだ>、と。
<日本の国会に決断力が無くて、どんな危機に直面しても行動をとらず、中身の薄い議論を続けるばかりなんだ>、と。

こういう風に思われてしまう事こそが、戦争を招かざるを得ない実態だと私は思います。
(場内大きな拍手)

令和と名付けられた新しい時代に、日本はやっと、大和精神に基づく法令によって統治されるようになると信じたいです。
そして、日本は自立し国際社会の対等な一員となる事は、日本のためにも世界のためにもなる筈です。

ご清聴、ありがとうございました。
(場内更に大きな拍手)



海外からいらした方、それも、他国に今まさに母国が侵略されつつある方の、お話でした。

原画製作中

毎年恒例の日本児童文芸家協会主催の『書きおろし童話展』。
今年も参加します。
只今、その準備に追われております。
先ほどペン入れが終わりました。


画像



必要に応じて、ペンの太さを変えながら描き込んでいきます。
次は彩色。
これが一番楽しい時です。

なぜ……?

なぜまたここへ来て、女性宮家だの女系天皇だのという話を公共放送である
NHK含め、マスコミ各社が論じ立てるようになってきたのかが、甚だ疑問だ。

そもそも、皇位継承に関して我々平民が平民の分際で、あれこれ論じる事は
不敬の極みと心得たい。

ましてや、万世一系の意味を知ってか知らずか、皇位継承について男女平等
などという、敢えて言わせていただければ<薄っぺらい>考察を持ち込み、日
本の姿勢を非難する海外メディアは論外であり、我々日本国民に対しても失礼
である。

どこかの反日国が、またぞろロビー活動でもやっているのだろうか。

女<性>天皇と女<系>天皇は、全く違う意味を持つ。

マスコミは意図してかせずか、そこを曖昧にしたまま、皇位継承について、さも
「問題は大きいぞ」とばかりに声を上げているように見える。

2679年の歴史を持つ皇統の、事によっては断絶を意味する女<系>天皇とい
う言葉をなんでもなげに盛んに言い立てるマスコミの様子に、ここ数日閉口し
ている。

天皇陛下の御即位と御譲位(御退位)のあらましをお知りになりたい方のため、
約2年前に発行された一冊の本をご紹介する。

『ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実』(水間政憲・著/PHP研究所)

貴重なお写真がふんだんに掲載されていて、初めて目にするような光景もあり、
眺めているだけでも楽しい。

もしもお読み頂く機会がお出来になったら、この本の7ページをまずご覧頂きたい。

そこには、『昭和22年に「皇籍離脱」された11宮家はすべて「伏見宮邦家親王」
の子孫』という見出しと、『現在、「男系男子」がおられる旧宮家』という小見出し
と共に、系譜が掲載されている。

系譜の詳細な説明は、下記動画を参照されるとさらに理解が深まることだろう。

「明治天皇の玄孫」としてテレビなどでもお馴染みの竹田恒泰氏は、水間氏の説
明によると皇位継承順位は<108位>だそうだ。

つまり、それだけの数以上の皇位継承がお出来になる男系男子が、実際にこの
日本国にご存在する、という事。

【日いづる国より】 水間政憲、皇統を支える120名の男系男子 H29年4月28日
https://www.youtube.com/watch?v=0rH72S1StWE

30歳前後以下の男系男子に関し、「80名以上おられる」という話には驚愕した。

女性宮家だの女系天皇だのと声高に論じ立てているマスコミ各社の様子に、こ
こ数日私が閉口している意味が、お分り頂けると思う。

憲法議論にしろ皇位継承議論にしろ、右だの左だの、保守だの革新だのは関係
ない。

正しい情報を知らされないまま、国民として賛成や反対の意思表示(国民投
票)などとても出来ないという話であり、してはならないとも考える。

そして、この国の政を担う政治家もこういう事実をきちんと学び、我々国民がこの
日本国にとって正しい判断が出来るよう、努めるべきだ。

それにしてもマスコミはなぜ、正しい情報を報じないのだろうか。

令和元年5月1日

皇太子殿下におかれましては本日、第126代天皇陛下に御即位あらせられました。
平成時代の今上陛下におかれましては昨日御譲位あらせられ、上皇陛下となられました。
平成の御代を国民の安寧の祈りと共におられた上皇陛下に謹んで感謝申し上げますと共に、
新天皇陛下御即位に対し、心からお祝い申し上げます。

***

……と、まぁ、堅苦しいご挨拶はこのくらいにしまして。

実は本日5月1日は、31回目の結婚記念日でありました。
昼間から夫とお祝いのお酒を少々……♪

連休中、役所に記帳所が設けられるそうなので、夫と出掛けようと思います。

***

新作絵本の準備、遅々とですが進めています。
2軒の家の間取りを決めないと絵に取り掛かれないので、あれこれ思考錯誤しつつ考えています。