送りつけ詐欺にご注意を

先日夫の携帯に、実在する宅配会社名で、注文した覚えの無い食材定期配達
連絡が入った。

国税庁のサイトでその食材販売会社を検索すると、実在せず。
そもそも、食材を配達するのに時間指定無しは有り得ないし、22時を過ぎ
ても配達されてこない。

これは明らかに送り付け商法と判断し、無視する事にした。

うちはある食材販売会社を利用しているので、たまたま違和感を覚えること
が出来た。
注文したかどうか含めて記憶が定かでなく不安な時は荷物は受け取らず、宅
配会社に留め置けば良い。
確認出来たら受け取れば良いし、確認出来なければそのまま先方に送り返し
てもらう。

今回は実在する宅配会社を名乗っていたので、送り付けてきたメールに返信
する形で「まだ届かない」とこちらから問い合わせでもしたらのこのこやっ
て来て商品を押しつけるつもりだったのだろうか。

全く、油断も隙もない。

日を違え、実在する宅配便会社を語ったメールが、今度は私の携帯に届いた。

今度はお節料理の配達連絡である。

送り状番号も桁数が違うしデタラメ。 食品なのに時間指定なし。 発送元
は最近見聞きする社名に似た紛らわしい名。 案の定、実在しなかった。

というか、お節料理の発送は普通12月末じゃなかろうか(笑)。
勿論無視&破棄。

皆様もお気をつけて。

この記事へのコメント