木を見て森を見ず?(政治系の話題に関心の無い方はスルー願いまーす)

話題を絵本に集中させようと思っていたのですが、ここ最近の報道に引っ掛
かりを覚えたのと、野党のバタバタした動きに呆れるやら可笑しいやらで、
ちょっと書かせて頂きます。

***

……っと、その前に。
一昨日、血圧の薬を頂きに、掛かり付け病院へ出向いた際の事ですが。
毎日記入して、診察の際に持参する血圧ノートを見た医師が一言。
医「おや、一日だけ、高い日がありますね」
あたしゃ、すかさずご説明申し上げましたよ、ええ。
私「たまたまワイドショーを見た日です。 <PCR検査をもっとふやせ>
とか<日本は海外を見習え>とか言ってたんで、くわーっと」
医「ああ、それで(笑)」
私「そもそも、検査は治療方針を決めるためにするものであって、患者の安
心確保のためにやるものではない筈ですし」
看「そうですそうです」
私「おまけに、日本が外国を見習わなきゃいけないなんて、司会者もゲスト
も……」
ここで、医師が不思議そうに、
医「日本は死者数が少ないのに、なんで外国を見習わなきゃならんの?」
私「ですよねー。 専門家でもないのに勝手な事を言うもんで。 だからー」
看「血圧上がっちゃったんですね(笑)」
私「あい」

結局医師、看護師、私の共通意見として、<ワイドショーは見ない方が良い>
という事で一致しました(笑)。
精神衛生上、勧善懲悪の時代劇の再放送を見ていた方が、ずっと良いです。

そして、こういう事も事実としてある事は、知っておくべきでしょう。
これは、とある番組制作会社のサイト内、制作番組一覧です。

http://www.izumitvp.co.jp/broadcast

放送局や番組はバラバラでも、制作会社がこうして一手に引き受けて番組を
制作しているケースがあるのです。 これでは、番組の中で取り上げられる
話題に対して、意見が似たり寄ったりになっても当然なのではと、素人の私
などは思ってしまうのです。

これで世論形成なんかされたら、それこそ恐ろしいですよ。

***

さて。
先日、芸能人など有名人を含めての約500万件ものSNSへの意見投稿が
話題になった、<検察庁法改正案>。
元々、こんな名称の改正案は、ありません。 衆議院の審議中継のサイトを
見れば、各日の委員会毎の議題案件の名称が、ちゃんと確認出来ます。

正式名称は<国家公務員法等の一部を改正する法律案>。 ここでは、国家
公務員全般の定年延長を含む法律の改正を審議されている筈……なのですが。
マスコミも野党も、なぜ<検察庁法改正案>等と語り続けるのでしょうか。
<国家公務員法等の一部を改正する法律案>の一部でしかないのに。

ちなみに平成23年9月30日付で、当時の総理である野田佳彦、衆院議長
の横路孝弘、参院議長の西岡武夫の三氏連名宛、『定年を段階的に65歳に
引き上げるための国家公務員法等の改正についての意見の申出』なる書面を、
当時の人事院総裁江利川毅氏が提出しています。 民主党政権時……ぷぷっ。

モリカケがダメなら桜。 桜がダメならマスク。 マスクがダメなら黒川氏
絡みで検察定年延長問題を取り上げて、有名人芸能人を巻き込んで、現政権
にダメージを与えようという事でしょうか?

というか、反対を唱えた芸能人の方々は、議案本文情報全てに目を通した上
で反対していたんでしょうか。 検察庁関連の事ってどこに書いてあるの?
法律関係にご興味のある方ならすぐにお分かりでしょうけれど、すみません、
私は諦めました。 少なくとも、<検察庁法改正案>という見出しが無い事
だけはわかりました。 探し疲れたよ、ぱとらっしゅ……(苦笑)。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/kaiji201.htm

芸能人や有名人がこぞってハッシュタグ<#検察庁法改正案に反対します>を
付けて呟いていた事について、『ワイドナショー』という報道バラエティー
番組にご出演されていた指原莉乃さんが、こんな話をしていました。

◎指原莉乃さん「(ハッシュタグの依頼)あった」
      「私はそこまでの信条を持てなかったのでつぶやかなかった」
 https://snjpn.net/archives/196851

そう。 分からないなら無理に(無責任に)呟かない、という選択肢だって
あるのです。

絵本発売の件もあって時間が無かったので、政治関連についてのブログへの
投稿は最近控えていたのですが、上記約500万件の意見投稿の件が、意図
的に水増しされたものだと指摘する記事を昨日見つけて、「これはブログに
書き留めておかねば」と思った次第です。

◎「500万件超」検察庁法案抗議ツイート
            2%のアカウントによる投稿が全体の半数占める
 https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200514/dom2005140007-n1.html

記事にもあるように、水増し分を引いた後の投稿数は、決して少なくはあり
ません。 与党や政府は、今後の審議のためにもこの事実は肝に銘じておく
べきだと思います。

マスコミが報じない事はもう織り込み済み。 なので、政府としての広報や
説明が足りない事も原因としてあると考えなければ、今後も同じような事が
繰り返されてしまうのではと危惧します。

ある意図を持った人々の手によって、このような形で世論が形成されていく
のは怖い事だし、民主主義国家においてあってはならない事だと思います。

そして結局、NHKのこの報道のように、<検察官の定年延長を可能にする
検察庁法の改正案>は、今国会での成立は見送りとなりました。

◎政府・与党 検察庁法改正案 今国会での成立見送り決定 | NHKニュース
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200518/k10012434831000.html

『検察官の定年延長を可能にする検察庁法の改正案について、政府・与党は、
国民の理解なしに国会審議を進めることは難しいとして、国家公務員の定年
を段階的に65歳に引き上げるための法案とともに、今の国会での成立を見送
ることを決めました
。』

これも変な書き方だなぁと思いますが、マスコミも法案の詳細を報じないし、
中身がわからないので、私には内容についての是非は書けません。

ところが、ここへ来て、なんだか少々妙な事になってきました。
立憲民主の代表や最近特に政治に関してよく意見するあるタレントが、同じ
事を口にし始めたのです。
「検察官の定年延長を可能にする検察庁法の改正案を切り離して審議せよ」
ですって。

一旦提出された法案を簡単に切り詰めたり、分割して審議したり出来るんで
すかね。 不可能でしょう。 なんとも都合の良い要求を尤もらしく行って
いるとしか私には思えないのですが。 だって、今まで主張してきたのは、
<法案の成立阻止>だけだった筈です。 それが、成立が不可能になったら
急に、切り離して審議しろって。 なんだか慌てている印象も。 今からで
も間に合うなら、独自に法案をまとめて出せば?

まさか、自分達で反対しておいて、いざ成立が見送りになってから事の重大
さに気付いて慌てているとか? いくらなんでもそれは無いですよね……💧
だってだって、立憲民主党の代表は、法律に明るい弁護士ですし。

立憲民主党の支援団体には、自治労がいます。 これは<立憲民主党/支援
団体>で検索すればわかります。 え〜と、確か、自治労は公務員のための
労働組合でしたよね……? あれっ? 今回の法案成立見送りで、結局ダメー
ジ食らうのって政権側じゃなくて、立憲民主党だったりする?(笑)

さらに、ハッシュタグを付けてあれだけ改正案に反対を唱えていた有名人達
ですが、その殆どが一部を除いて沈黙。 成立見送りについての見解も、あ
まり聞きません。 それも奇妙な感じ。

この記事へのコメント