掲載されました。

今月発売となりました、絵本『ぼくら、うりうりブラザーズ』(人間社)。


DSC_1183.JPG


先週土曜日に取材を受け、毎日新聞(2020.5.27.付)の朝刊/愛知版
に掲載されました。 デジタル版では、カラー掲載です。


DSC_1262.JPG


15084.jpg




療養中の母に、今朝メールに添付して送りました。
見てくれているといいな……。

本当にありがたいことです。

今月初め出版を迎えた拙作絵本『ぼくら、うりうりブラザーズ』(人間社)。
書店さんによっては、平積みにして下さっているお店も。
本当にありがたいことです。

DSC_1183.JPG

先日頂いたメッセージに、「遊びに来た2歳の孫が絵本を気に入って離そう
としないので持ち帰らせた。 自宅で何度も読んでいる云々」とありました。
どうもありがとうございます。 それと、お孫さんのご両親様には、お手数
をお掛け致します <(_ _)>(笑)。

しみじみ嬉しい……。 読み聞かせなら3歳くらいからかなぁと思ったので、
裏表紙にはそう表示して頂きましたが、絵がわかりやすいのが功を奏した
のか、2歳のお子さんにも気に入って頂けたのは、マジ嬉しい(笑)。

それと、幼稚園の先生方にも好印象を持って頂けているのが、非常に励みに
なります。 保育のプロに<楽しい絵本>とのご認識を頂けるのは、アイデ
アを練る上でも自信に繋がりますし、大変嬉しい事です。 ありがとうござ
います。



絵本を見て下さった方からのメッセージ(>全て読ませて頂いております)
を読んでいると、これがまたアイデアのスイッチに作用するのか、「おっ?」
という瞬間が昨日あたりからまた。

今作ろうとしている絵本のテキストがなんだか物足りなくてここ数週間悶々
としていたのですが、<映像研には手を出すな!>の浅草氏よろしく
「んな訳ゃないっ!」
という感じで、プロットに大幅変更を加えて、ようやくスッキリしました。

これ、児童文芸家協会主催の書きおろし童話展に出展する予定だったのです
が、これが6月から来年3月に延期されまして。 んじゃ、秋の東京展には、
何を出そうか。 う〜む。

……んっ! 閃いた♫ これはのんびりしてはいられません!

木を見て森を見ず?(政治系の話題に関心の無い方はスルー願いまーす)

話題を絵本に集中させようと思っていたのですが、ここ最近の報道に引っ掛
かりを覚えたのと、野党のバタバタした動きに呆れるやら可笑しいやらで、
ちょっと書かせて頂きます。

***

……っと、その前に。
一昨日、血圧の薬を頂きに、掛かり付け病院へ出向いた際の事ですが。
毎日記入して、診察の際に持参する血圧ノートを見た医師が一言。
医「おや、一日だけ、高い日がありますね」
あたしゃ、すかさずご説明申し上げましたよ、ええ。
私「たまたまワイドショーを見た日です。 <PCR検査をもっとふやせ>
とか<日本は海外を見習え>とか言ってたんで、くわーっと」
医「ああ、それで(笑)」
私「そもそも、検査は治療方針を決めるためにするものであって、患者の安
心確保のためにやるものではない筈ですし」
看「そうですそうです」
私「おまけに、日本が外国を見習わなきゃいけないなんて、司会者もゲスト
も……」
ここで、医師が不思議そうに、
医「日本は死者数が少ないのに、なんで外国を見習わなきゃならんの?」
私「ですよねー。 専門家でもないのに勝手な事を言うもんで。 だからー」
看「血圧上がっちゃったんですね(笑)」
私「あい」

結局医師、看護師、私の共通意見として、<ワイドショーは見ない方が良い>
という事で一致しました(笑)。
精神衛生上、勧善懲悪の時代劇の再放送を見ていた方が、ずっと良いです。

そして、こういう事も事実としてある事は、知っておくべきでしょう。
これは、とある番組制作会社のサイト内、制作番組一覧です。

http://www.izumitvp.co.jp/broadcast

放送局や番組はバラバラでも、制作会社がこうして一手に引き受けて番組を
制作しているケースがあるのです。 これでは、番組の中で取り上げられる
話題に対して、意見が似たり寄ったりになっても当然なのではと、素人の私
などは思ってしまうのです。

これで世論形成なんかされたら、それこそ恐ろしいですよ。

***

さて。
先日、芸能人など有名人を含めての約500万件ものSNSへの意見投稿が
話題になった、<検察庁法改正案>。
元々、こんな名称の改正案は、ありません。 衆議院の審議中継のサイトを
見れば、各日の委員会毎の議題案件の名称が、ちゃんと確認出来ます。

正式名称は<国家公務員法等の一部を改正する法律案>。 ここでは、国家
公務員全般の定年延長を含む法律の改正を審議されている筈……なのですが。
マスコミも野党も、なぜ<検察庁法改正案>等と語り続けるのでしょうか。
<国家公務員法等の一部を改正する法律案>の一部でしかないのに。

ちなみに平成23年9月30日付で、当時の総理である野田佳彦、衆院議長
の横路孝弘、参院議長の西岡武夫の三氏連名宛、『定年を段階的に65歳に
引き上げるための国家公務員法等の改正についての意見の申出』なる書面を、
当時の人事院総裁江利川毅氏が提出しています。 民主党政権時……ぷぷっ。

モリカケがダメなら桜。 桜がダメならマスク。 マスクがダメなら黒川氏
絡みで検察定年延長問題を取り上げて、有名人芸能人を巻き込んで、現政権
にダメージを与えようという事でしょうか?

というか、反対を唱えた芸能人の方々は、議案本文情報全てに目を通した上
で反対していたんでしょうか。 検察庁関連の事ってどこに書いてあるの?
法律関係にご興味のある方ならすぐにお分かりでしょうけれど、すみません、
私は諦めました。 少なくとも、<検察庁法改正案>という見出しが無い事
だけはわかりました。 探し疲れたよ、ぱとらっしゅ……(苦笑)。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/kaiji201.htm

芸能人や有名人がこぞってハッシュタグ<#検察庁法改正案に反対します>を
付けて呟いていた事について、『ワイドナショー』という報道バラエティー
番組にご出演されていた指原莉乃さんが、こんな話をしていました。

◎指原莉乃さん「(ハッシュタグの依頼)あった」
      「私はそこまでの信条を持てなかったのでつぶやかなかった」
 https://snjpn.net/archives/196851

そう。 分からないなら無理に(無責任に)呟かない、という選択肢だって
あるのです。

絵本発売の件もあって時間が無かったので、政治関連についてのブログへの
投稿は最近控えていたのですが、上記約500万件の意見投稿の件が、意図
的に水増しされたものだと指摘する記事を昨日見つけて、「これはブログに
書き留めておかねば」と思った次第です。

◎「500万件超」検察庁法案抗議ツイート
            2%のアカウントによる投稿が全体の半数占める
 https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200514/dom2005140007-n1.html

記事にもあるように、水増し分を引いた後の投稿数は、決して少なくはあり
ません。 与党や政府は、今後の審議のためにもこの事実は肝に銘じておく
べきだと思います。

マスコミが報じない事はもう織り込み済み。 なので、政府としての広報や
説明が足りない事も原因としてあると考えなければ、今後も同じような事が
繰り返されてしまうのではと危惧します。

ある意図を持った人々の手によって、このような形で世論が形成されていく
のは怖い事だし、民主主義国家においてあってはならない事だと思います。

そして結局、NHKのこの報道のように、<検察官の定年延長を可能にする
検察庁法の改正案>は、今国会での成立は見送りとなりました。

◎政府・与党 検察庁法改正案 今国会での成立見送り決定 | NHKニュース
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200518/k10012434831000.html

『検察官の定年延長を可能にする検察庁法の改正案について、政府・与党は、
国民の理解なしに国会審議を進めることは難しいとして、国家公務員の定年
を段階的に65歳に引き上げるための法案とともに、今の国会での成立を見送
ることを決めました
。』

これも変な書き方だなぁと思いますが、マスコミも法案の詳細を報じないし、
中身がわからないので、私には内容についての是非は書けません。

ところが、ここへ来て、なんだか少々妙な事になってきました。
立憲民主の代表や最近特に政治に関してよく意見するあるタレントが、同じ
事を口にし始めたのです。
「検察官の定年延長を可能にする検察庁法の改正案を切り離して審議せよ」
ですって。

一旦提出された法案を簡単に切り詰めたり、分割して審議したり出来るんで
すかね。 不可能でしょう。 なんとも都合の良い要求を尤もらしく行って
いるとしか私には思えないのですが。 だって、今まで主張してきたのは、
<法案の成立阻止>だけだった筈です。 それが、成立が不可能になったら
急に、切り離して審議しろって。 なんだか慌てている印象も。 今からで
も間に合うなら、独自に法案をまとめて出せば?

まさか、自分達で反対しておいて、いざ成立が見送りになってから事の重大
さに気付いて慌てているとか? いくらなんでもそれは無いですよね……💧
だってだって、立憲民主党の代表は、法律に明るい弁護士ですし。

立憲民主党の支援団体には、自治労がいます。 これは<立憲民主党/支援
団体>で検索すればわかります。 え〜と、確か、自治労は公務員のための
労働組合でしたよね……? あれっ? 今回の法案成立見送りで、結局ダメー
ジ食らうのって政権側じゃなくて、立憲民主党だったりする?(笑)

さらに、ハッシュタグを付けてあれだけ改正案に反対を唱えていた有名人達
ですが、その殆どが一部を除いて沈黙。 成立見送りについての見解も、あ
まり聞きません。 それも奇妙な感じ。

うりブラ絵本、裏話 (*^ω^*) 〜お父さんは人気者〜

DSC_1183.JPG

意外に嬉しかったのは、いのきちさんに注目して「好き」と書いて下さる方
がおられたこと。
強くて優しく懐が深く、一家の大黒柱である大工の親方<いのきち>さん。

自分が生まれ育った環境を参考に書く事しか出来ないのですが、時代が移り
変わろうが、人々の考え方が変わろうが、社会の中で家族という集まりを人
がずっと維持し続ける限り、デンと構えてそれをまとめる役目の存在は、お
そらく父親であると思うし、要であり続けて欲しいと思うのです。

子供の頃『大草原の小さな家』という米国の子供向けドラマが、確かNHK
で放映されていました。 あたしゃ当時、主人公ローラのお父さんであり、
一家の大黒柱である強くて優しい<父さん>チャールズに憧れておりまして
ねぇ……(*^^*)ポッ💓(笑)

とかく日本のテレビ番組では、こと父親、男親、夫を殊更蔑むというか、あ
まり良くは扱わない傾向にあると思いますが、何故なんでしょうね。 子供
の頃からずっと疑問に思っている事のうちの一つです。 夫や父親が強かっ
たり優しかったりしたら、何か都合が悪いんでしょうかね😞

ドラマでは必ずといって良い程、夫や父親による妻や家族に向けてのDV場
面が出てきますし、父親の靴下が臭いだの、休みの日には居間でゴロゴロし
ているだけだの、家事を手伝わない子育てに協力しない稼ぎは少ない云々と、
負のイメージばかりが取り上げられて、うんざりです。

妻や母親だってキーキーキーキー小言は煩いし、無駄なおしゃべりは多いし、
汗だのコロンだの化粧品だので身につけるものは自分が認識している以上に
臭いかもしれないし、時間が自由な主婦は一家の大黒柱が働いている昼間、
好きな時間にゴロゴロ出来たりもするし、家事や育児への協力を促すのは、
妻の裁量でもあったりする訳で。

つまりは、お互い様なのです✨

いのきちさんといのこさんは、とても仲良しで、愛し合っております💕
これこそ<男女共同参画>の、根本なのではと思います。 お互いが必要以
上に我を張らず、過度な平等を喚かず、お互いを尊重し合い、感謝の気持ち
を忘れず、至らない所をお互い補い合いながら、平穏な生活を営んでいく。

両親の仲が良いと、子供はそれだけで嬉しいのです。 気持ちが安定します
し、自分の家がとても居心地の良い場所になります。 子供は自分の事に集
中出来て、色々な事に対して興味を持ち、頑張れます。 困った時は自然に
親に相談出来、助言をもらってはまた頑張る事が出来る、その繰り返しで成
長していく。

私はそう思います😃

うりブラ絵本、裏話 (*^ω^*) 〜テキストについて〜

DSC_1183.JPG

今月初めに発売を迎えた拙作絵本『ぼくら、うりうりブラザーズ』。
お陰様で、ご覧下さった方々から温かいメッセージを頂いております。

・自粛続きで気持ちも沈みがちになる中、大人から子供まで楽しめる。
・子供が絵本をしまわせないで、枕元に置いている。
・絵が大きく、色合いが綺麗で分かりやすい。
・お話全体が、明るく楽しい。
・自粛が明けたら、地域ボランティアの読み聞かせに使いたい。
・展開が読めないので、不意を突かれて面白い。 etc……。

作者にとって非常に励みになりますし、ご意見ご感想は大変勉強になります。
本当にありがとうございます。
中でも特に、ご年配の方々から頂くコメントで多いのが、絵本のテキストに
関してのご感想です。

俳句や短歌、川柳など、日本語には独特のリズムがあります。 リズムがあ
るというか、リズムに乗せて遊ぶ事が出来る自由さがあるのが日本語という
か。

元々、私は昔話が好きでした。 絵本もですが、小学校の頃は図書室で都道
府県別の民話を集めた本を次々に借りては読みふけっていた時期がありまし
た。 民話のオノマトペには独特のものがありますし、東京出身の私にとっ
て各地の方言が珍しく、面白く、非常に心地良かったのです。

どんぶらこっこ/すっこっこ  つんぶく/かんぶく  すっとんとん
……たったこれだけでも、声に出すと、気持ちがウキウキしてきます (*^^*) 。

絵本のテキストは短く、簡潔に、絵でわかるものは極力排除。 これが基本
なのですが、どうしてもくどく長くなりがち。 なので特に今回の『うりブ
ラ』は、声に出しながら何度も何度も推敲しました。
そのお陰か、タイトルや帯の見出しまでが、リズミカルになりました(笑)。

昔話や絵本は是非、声に出して読んでみて下さい。
童心に帰れて、意外と楽しいものです。



県内の書店組合所属書店さんとは別に、オンラインショップでも取り扱って
頂いていますが、在庫があっても少なかったり取り寄せの所も多く、お手元
に届くまでお時間を頂いているようです。

KMコンサルティング(下記アドレス)までご連絡頂けますと、即日発送。
イラストカード2枚(うりブラ兄弟/オリジナルアマビエ)、三兄弟の<ぬ
りえ>1枚付き。

<メールアドレス> yoshikazu-w@mte.biglobe.ne.jp

価格¥1,650-(本代 ¥1,500-、消費税 ¥150-) 送料、代金振込手数料無料。

どうぞ宜しくお願い致します。

手作り絵本は自由です♫(*^ω^*)〜仕掛けのお話〜

ここ数日ご覧頂いた通り、背表紙や裏表紙でもお話を表現したり、お話に出
てきたものを付録として仕立てたりと、手作り絵本は自由自在です。

子供の頃に出会った、当時出回り始めたばかりの仕掛け絵本は、ページの端
から出ている紙片を上下にスライドさせたり、引っ張ったり押し込んだりす
ると、ページの空いている小窓から動物が顔をのぞかせたり、ページの中を
一直線に移動しているように見えたり。 セロファンの色が重なる毎に色相
が変化していったりするのもあって、楽しいものでした。

普通の絵本より多少値が張るため、そうそう買ってもらえるようなものでも
ないのに、面白くて何度も動かして遊んでいるうちに紙がヨレヨレになって
壊れてしまい、それが悲しいのに、親に叱られて更に悲しい思いをしたりし
て(苦笑)。

飛び出す絵本もありますね。 開くと奥行きを感じさせる3D仕様のものな
ど、絵本展ではとても凝った仕掛けの作品を出品される方もいて、興味深く
見学させて頂いています。

これまで作った絵本では、めくり仕掛けや折り込み仕掛けを施したものが何
点かあります。 クリックして頂くと、拡大表示されます。

写真の左の絵本は、上下とも蛇腹折り。 下は、双六として遊べます。
右の絵本は、中央を開くと……。

DSC_1198.JPG

このように、見開きが倍の長さに展開します。

DSC_1199.JPG

やっぱり、手作り絵本は作っていても眺めていても、楽しいです♫

参考絵本
左上 ぶたくんの 〜たのしいなつやすみ〜(2011年作)
左下 わんじいサンタの クリスマス(2012年作)
右  しんまいおまわりさん ハードとテリーとなぞのぶったい(2018年作)

うりブラ絵本、裏話 (*^ω^*) 〜付録について〜

絵本『ぼくら、うりうりブラザーズ』の<原本>には、実は付録があります。
うりうり三兄弟が建てた新しい家の<見取り図/45ピース>のパズルです。
正真正銘の一点ものです。

ちなみに、右は、以前作ったロボットパズル(15ピース)です。
こちらは別の絵本の中に出てきたものを、当時実際のパズルに仕立てました。
どんぐりの中身を粉にして焼いた<どんぐりクッキー>で出来ている、とい
う設定です。
素材は、有名通販の段ボール2枚重ね(笑)。 色がピッタリだったので。

DSC_1201.JPG

DSC_1202.JPG

DSC_1203.JPG

三兄弟が建てた新しい家には、地下室があります。
絵本P13〜14の、家の外観と比較しながらご覧頂くとわかりやすいです。
玄関が少し高い場所にあるのは、地下室があるからです。

真ん中から左部分は、道具置き場や顧客ファイルの収納場所を兼ねた、読書
・工作・勉強をしたりする部屋。 絨毯敷きです。
暖炉のそばの梯子を上ると、1階のダイニングキッチンの暖炉のそばに出ら
れます。

地下室の右部分は倉庫。 タイル敷きです。 ジャムや採れた野菜をしまっ
ておけます。 右端にある梯子が外の畑と通じているので、1階の部屋を土
で汚すことなく、畑から野菜を直接運び入れる事が出来ます。

1階は地下室と行き来出来るダイニングキッチンと収納棚、寝室。 こちら
は板敷き。 トイレ&洗面&お風呂はタイル敷き。 1階の延べ床面積は、
大体16畳ほどを想定しています。



うりうり三兄弟にとって初めての<お城>となったこの家ですが、当初の設
定では、三兄弟から両親へのプレゼントになる筈でした。

なぜ変更になったのか。
それはまた、いつかの機会に書かせて頂くことに致しましょう……(*^_^*)♫

うりブラ絵本、裏話 (*^ω^*) 〜裏表紙について〜

さて、今回は絵本の裏表紙のお話です。
『うりブラ絵本』の裏表紙には、キバキバ団がいます。

DSC_1200.JPG

彼らは、悪さをして森へ逃げ帰るのですが、お腹がペコペコのまま。
うりうり三兄弟が建てたばかりの家には、食材がなにも無かったからです。
お腹と背中がくっつきそうになって、森の中でグデ〜ンとしていたキバキ
バ団の元に、いのきち一家がやってきて、もう悪さをしないと約束させて、
冷めても美味しいたこ焼きとクッキーを差し入れてくれたというわけです。

「あんなに意地悪したのに」
「そんなおれたちにも分けてくれて」
「うまいなぁ(もぐもぐ)。すまねぇなぁ(もぐもぐ)」

キバキバ団の3匹が喧嘩しないように、ちゃんと同じ数ずつ食べられるよ
う、たこ焼きもクッキーも3の倍数個、お皿に乗っています……。

そうそう。
キバキバ団の中の1匹に、虫歯が2本出来ちゃっている子がいます。
気付いてもらえましたか?(笑)

うりブラ絵本、裏話 (*^ω^*) 〜背表紙について〜

この連休に発売された絵本『ぼくら、うりうりブラザーズ』(人間社)。

DSC_1183.JPG

『うりブラ絵本』出版に際して、今回プロデュースをお願いしたKMコンサ
ルティングさんを通してご縁を頂いた皆様、また、普段から創作面でご縁の
ある皆様から、温かいメッセージを頂いております。

あらためて、心から感謝申し上げます。

子供さんだけでなく、大人の方にも「楽しい」「明るい」「元気が出る」と
お伝え頂き、この自粛連休中のささやかな清涼剤にして頂けたかなと、作者
として嬉しさを感じています。

さて、寄せられたメッセージの中で内容についての感想の次に多いのが、背
表紙についての印象。 「可愛らしい」「楽しい」と好評で嬉しいです。
私自身、子供の頃、絵本や童話の背表紙のタイトル文字が、飾り文字や手書
き風の文字であったり、小さなカットが入っていたりすると、なんだか得を
したような、なんとも嬉しい気持ちになったものです。

ということで、今まで作った絵本で背表紙にカットが入ったものを並べてみ
ました。 一つ一つのカットが、一辺1〜2cmの中に収まっています。
画像をクリックして頂きますと、拡大表示されます。

DSC_1197.JPG

絵本を作る際は、表紙から裏表紙、背表紙ひっくるめて楽しめる事を目標に
しています。
これからも、眺める毎にめくる毎にワクワクを感じられるような作品を作っ
ていきたいと思います。

次回作の主人公は、クマの子<ビィくまくん>です。 現在、テキストを作
り込んでいるところです(>ちなみに、今年の私からの年賀状のカットに登
場しています)。 どんな絵本に仕上がるか、今から私も楽しみです♫



書店や通販で在庫切れの場合、下記アドレスまでご注文頂ければ即日発送致
します。 ご注文の際は、イラストカード2枚と、三兄弟の<ぬりえ>を同
封させて頂きます。

KMコンサルティング
<メールアドレス> yoshikazu-w@mte.biglobe.ne.jp

本代 ¥1,500- の他には、消費税 ¥150- のご負担をお願いしています。
こちらからの送料と、代金の振込手数料は頂きません。

どうぞ宜しくお願い致します。

***

母が癌治療で通院していることもあり、病院の外来状況や医師の考え方、そ
の他客観的な意見に納得出来る記事を見つけました。

先日、NHKのコロナウイルス関連番組に医療現場から遠隔出演されていた医
師も、現場を知る人間しか語れないしっかりした内容として、SNSで取り上
げておられました。

宜しければご覧下さい。
我が家の掛かり付け医師も、インフルエンザの行で同じ事を仰っていました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200502-00625938-shincho-soci

我が家では、この時期特に精神衛生上、ワイドショーの類は一切見ないよう
にしています。 感染症の専門家ではない司会者やゲストの言葉に、惑わさ
れないようにしたいからです。

コロナ関連については(>例の不良品布マスクについても)報道のされ方に
疑問を感じていたので、上記記事は大変参考になりました。

ネット通販でも販売開始です。

Amazon・楽天ブックス・版元ドットコムでも、『うりブラ』絵本が発売と
なりました。 どうぞ宜しくお願い致します。

DSC_1183.JPG

先ほどAmazonを覗いてみましたら、一時的に在庫切れとなっていました。
注文があったら発注をかける、ということなのかな。

版元ドットコムさんから、
東京都書店案内の他、在庫検索が出来る書店さんに飛べます。
 ↓
紀伊国屋書店
旭屋倶楽部
有隣堂
TSUTAYA

オンラインショップ上記3ヶ所の他に、サイト掲載して下さっているショップにも飛べます。
 ↓
紀伊国屋 Web Store
ヨドバシ.com
HonyaClub.com
オムニ7
e-hon
HMV
TSUTAYA
Yahoo!ショッピング

……3日の時点で確認出来たのは以上です。



上記通販、書店販売とは別に、KMコンサルティング(下記アドレス)まで
ご注文を頂いた方につきましては、イラストカード2枚と、三兄弟の<ぬり
え>を付けさせて頂いています。

<メールアドレス> yoshikazu-w@mte.biglobe.ne.jp

本代 ¥1,500- の他には、消費税 ¥150- のご負担をお願いしています。
こちらからの送料と、代金の振込手数料は頂きません。

どうぞ宜しくお願い致します。

今日もせっせと……。

本日無事に絵本『ぼくら、うりうりブラザーズ』の発行日を迎えました。

朝から作者自ら絵本の発送準備。
絵本に、ご挨拶文・ぬりえ・イラストカード2枚等々セットして、OPP封筒
で包み、レターパック封筒やら茶封筒やらダンボール箱へ。

「なんだか、楽しそうだねぇ」と、笑いながら夫。
「楽しくない訳がないじゃないの♫」と、私。
楽しい〜♫ 嬉しい〜♫
家事と食事の時間以外、ず〜っと続けていられます。

DSC_1183.JPG



KMコンサルティングにて、ご注文を承ります。
 <メールアドレス> yoshikazu-w@mte.biglobe.ne.jp

ちらりほらりと「届きました〜♫」メッセージも頂いております。
今回絵本を通してご縁をいただいた皆様に、あらためて御礼申し上げます♫

***

今日は32回目の結婚記念日でもあります。
新緑の季節。 芽吹きの季節であります。